海上自衛官との婚活パーティーで出会った男性とのデート

海上自衛官との婚活パーティーで出会った男性とのデート

私の市は海上自衛隊の基地があるので、年に数回男女とも年齢や人数制限はありますが、海上自衛官との婚活パーティーが開催されているので、それに私が参加したときに出会った30代前半の年上の男性とカップルが成立し、デートを3回して交際を希望されたけれど、私が彼とのデートについて行けなくてお断りしたときの体験です。自衛官だし体型もマッチョだったし、趣味が筋トレで体を動かすことが大好きなことは聞いていたのですが、スポーツが不得意であり、料理や食べ歩きが趣味で、食べ物の好き嫌いがない食べることが大好きな私には、アクティブで筋力強化を望みすぎる彼についていくことが難しかったです。
出会い7
海上自衛官の寮で暮らしていた彼とはラインでの連絡可能な時間が限られていたので、ほとんど連絡を取りあうことなくデートすることになったのですが、そのデートが3回ともスポーツデートでした。私にスポーツの良さを知ってほしいと、初デートで初心者にはきつい距離のサイクリングに連れて行かれ、2回目には初心者お勧めのトレーニングジムに連れて行かれ、筋肉を見せられてその素晴らしさを語られ、3回目には食べることが好きな私のために、ヘルシーな料理バイキングが楽しめる場所を探してくれたのですが、いちいちこれは筋力アップにつながると言われ、カロリーがどれくらいなのかを告げられ、自分は鶏肉と野菜しか食べないという行動をとり、最終的にはウォーキングの良さを教えたいと電車2駅分の長い距離を歩かされたのがきつかったです。

 

見た目も体型も年齢も収入も平均以上で悪くない人だったけれど、一緒にいて心が安らぐどころかものすごく疲れたので、フィーリングが合う合わないはとても大切なことなんだと心から実感することになり、婚活において条件だけに囚われずに、フィーリングで勝負することがいかに大切かを見つめ直して今は婚活に取り組んでいます。

電車オタクとセレブ男

私は婚活をして様々な人にこれまで出会いました。
その中で素敵な人もいれば、変わった人やスゴイ人などにも出会いました。
出会った中で変わった人だなと思った人は、まずは電車オタクの人です。
初めはシャイな女性慣れしていない男性だなと思っていました。
話しているうちに趣味の話になった時です。
電車が好きだという話を始めてからスイッチが入りました。
私が何電車に乗っているのかという話から膨らみ、止まりません。
こちらも止めるのも悪いので、好きな電車や今までで見たすごい電車を聞いてみると写メが出てきました。
そこからは写メを見せながら1時間近く電車の話を聞きました。
お店が2時間制だったのが幸いして、話が打ち切られました。
もちろんその相手とはそれきりでした。

 

変わった人とは別に、スゴイなと思う人もいました。
29歳で経営者をしている人でした。
初めは自分の仕事の話をしたがらないので、あまり気にも止めていませんでした。
しかし着ている服も、持っている物も高級な物ばかりです。
話しているうちに心を開いたのか経営者である事を教えてくれました。
住んでいる場所もタワーマンションでの一人暮らしで、車も高級車です。
しかしお金があるせいか、中身だけでなくお金目当てでくる女性しかいないと言っていました。
まるでドラマのような話だなと思いました。
出会い6
こんな人と会う機会もなかなか無いと思い、何度か食事に行きました。
連れて行ってくれるお店は高級なお店ばかりでした。
しかし、私にはなんだか窮屈で身丈に合わない気がして交際には発展させませんでした。
様々な人に出会う事で様々な知識を得たりや話のネタにもなります。
だからこそ婚活でたくさんの人に出会う事は自分のプラスになるなと思いました。